神道と仏教 – ニーナ*カノン Official Site

ニーナのときどきひらめきメッセージ✨

今日は、神道と仏教が仲良くなったらいいのにな。って話です。
神道の本と、仏教の本、私は両方読みますし、毎朝両方唱えてます。

でも、神道の宮司さんが仏教を批判し、仏教の僧侶は神道を批判する。。
という状態に出くわすと、「マジか~。がっかりだわ~。」となってしまう💦

(あ、ちなみに写真はイメージなので、批判した人たちとは関係ありません。)

そもそも、日本には両方必要だから残っているのよ?
陰陽と言う言葉を聞いたことありますか?
神道は陽で、仏教は陰なのです。
だから、陽だけでもバランス悪いし、陰だけでもだめなの。

太陽の光があるのに、影が無かったらホラーじゃないですか?
逆に光がない場所に影はできないでしょ?

生まれたときは神社で、死ぬときはお寺でしょ?

他の宗教の方もいらっしゃると思いますが、全部根本は同じです。
みなさん、そもそも宗教ってなんのためにあると思いますか?

↓ ↓ ↓

それは、全ての人が調和し、愛で充たされる世界になるため。

でしょ??

私の宗教が正しい、あなたの宗教は間違っている。

この考え方が戦争を生み出します。

これは、宗教だけの話じゃないんですよね。国家間の争いも、自分が正しい。あるいは、自分の国の損得で戦争しかけますよね。

宗教は正しさを誇示するためにあるのではない。ってこと。

だからと言って、相手に迎合するのも違う。

「私はこういうことを信じている、あなたは、そういうことを信じているのね。なるほど~。」と受け入れたらいい。

そうすれば、争いはなくなる。

自分とは違う人を受け入れないから、争いになる。

これは、人間の個性の違いからもいじめやパワハラという形に発展したりするのです。

個々の争いも、自分が正しいと思うから争いになるんですよね。

お互いを認めあう。これが、今の人間に必要な心だと思うなぁ。

 

一般財団法人NLPミレニアムジャパン
一般財団法人日本フラワーレメディセンター代表理事
米国NLP協会認定NLPマスタートレーナー  

 白石 由利奈

私がニーナさんに出会ったのは、今から5年ほど前。
出会ったときから、目をきらきらさせていて、何かしっかりとした志を持った方だなと感じていました。

それから、ニーナさんは、まもなく、バッチフラワーやNLPのカウンセリングを始め、どんどん目を見張るような成果を出されるようになったのです。

そのようなニーナさんなので、NLPやバッチフラワーを活用している、神田の駅前にあるベスリ・クリニックの方でも、安心して患者さんのカウンセリングをお任せするようになり、すでに数年がたちます。

また、バッチフラワーの講師というお仕事でも、持ち前の明るさと、地に足のついた行動力から、受講生にとって、わかりやすく実践的な授業をされていて、好評を博しています。

そのように、多くの方達に導きや癒しを与え、人生の転換期に差しかかったり、壁を前にして途方に暮れていたりするような方達に、また、人生をより良くしたいという意欲がある方に、目の前が開かれ、幸せや自己肯定感が感じられるように、様々なメソッドを伝えています。

もし、ニーナ・カノンさんのプログラムやセッションを受ける機会があるなら、是非にとお勧めいたします。

お申込み、お問合せはコチラ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧