ポジティブ・ファウンテンinディズニーランド – ニーナ*カノン Official Site

ポジティブ・ファウンテンinディズニーランド

未分類

昨日はポジティブ・ファウンテン・プログラムの生徒さんと課外授業@ディズニーランドで1日過ごしました~~✨

遊びの中から学びを得る✨って楽しいでしょう?

だから、西野邦昭がだ~~い好きな(ニーナも好きだけど西野ほど詳しくない。)ディズニーランドで課外授業しました💛

 

なぜ、ディズニーランドなのか??

↓ ↓ ↓

それは、ディズニーのマインドにあります。

仕事への想い、姿勢、おもてなしの心。

ディズニーランドはキャストさんたちの想いが素晴らしいから何度も行きたくなるのです。

ディズニーランドの教えは企業向けに人材教育のセミナーも行っています。

なぜ、企業からもオファーがあるのか。

それは離職率が少ないことが魅力のひとつだと思います。

実はディズニーは正社員はほとんどいません。

アルバイトであるにも関わらず勤続9年とか、長い方はOPENから34年務めている方も居ます。

昨日も、奇跡のキャストさんを引き寄せました。

カストーディアル(清掃係)の方が、話しかけてきました。

ちょうどディズニーのキャストさんたちは、臨機応変でそのときできる最大のもてなしをしてくれるという話をしていたので、直接話を聞いてみることに。

目をキラキラ輝かせながら、

「正直大変なこともあります。でも、僕は小さいころディズニーランドでカストーディアルの体験をさせてもらったときに、ただの掃除係じゃない。と知って、この仕事はすごい!将来この仕事をしたい。と夢を抱き、夢の職業に今ついています。パーク内のことはすべて把握しなければならないし、メニューも全て頭に入っています。どこにどの商品があるかも全部です。2か月に1度メニューも変わるので、そのたびに全部覚えるので大変なこともあります。でも、目の前にいらっしゃるお客様をどうやって笑顔にしようと考えると、毎日がわくわくして、こんな素敵な仕事はないって思います。僕らは店員とかスタッフとは呼びません。すべてキャストと呼びます。それは、ぼくらがディズニーランドという世界の出演者の一人だからです。」

と熱く語ってくれました。

これには、参加してくれた生徒さんも涙が出たそうです。

ちなみにこのカストーディアルの方は20歳です。

1か所を除いて、世界中のディズニーリゾートに行ったそうです。

フランスも、香港も、アメリカもです。

それだけ、自分の仕事に誇りを持っていて、誰よりもディズニーのファンなのです。

そして、話し終わると去っていきました。その去っていく様を見ていましたが、歩き方も演じていました。かっこよく、まるでミュージカルに出てくる俳優のようなリズミカルな歩き方でした。

 

自分の仕事を愛すること、目の前の人を笑顔にするために全力であること。

私も、意識していましたが、ディズニーのキャストさんに会うと自分も更に成長していこうと思わされるのです✨

仕事を愛すること、目の前の人の笑顔に喜べること。これって幸せの基本ですよね♪

これからも課外授業やっていくので是非参加してください💛

素晴らしい発見がありますよ!

 

一般財団法人NLPミレニアムジャパン
一般財団法人日本フラワーレメディセンター代表理事
米国NLP協会認定NLPマスタートレーナー  

 白石 由利奈

私がニーナさんに出会ったのは、今から5年ほど前。
出会ったときから、目をきらきらさせていて、何かしっかりとした志を持った方だなと感じていました。

それから、ニーナさんは、まもなく、バッチフラワーやNLPのカウンセリングを始め、どんどん目を見張るような成果を出されるようになったのです。

そのようなニーナさんなので、NLPやバッチフラワーを活用している、神田の駅前にあるベスリ・クリニックの方でも、安心して患者さんのカウンセリングをお任せするようになり、すでに数年がたちます。

また、バッチフラワーの講師というお仕事でも、持ち前の明るさと、地に足のついた行動力から、受講生にとって、わかりやすく実践的な授業をされていて、好評を博しています。

そのように、多くの方達に導きや癒しを与え、人生の転換期に差しかかったり、壁を前にして途方に暮れていたりするような方達に、また、人生をより良くしたいという意欲がある方に、目の前が開かれ、幸せや自己肯定感が感じられるように、様々なメソッドを伝えています。

もし、ニーナ・カノンさんのプログラムやセッションを受ける機会があるなら、是非にとお勧めいたします。

お申込み、お問合せはコチラ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧