なぜ、左から?? – ニーナ*カノン Official Site

なぜ、左から??

ポジティブ・ファウンテン

ニーナのときどきひらめきメッセージ✨

またまた、チコちゃんから~💛
どんなとこからどんな情報仕入れても、自分の伝えたいことと繋がっちゃうニーナです💛

「自転車に左から乗るのはなんで??」

↓ ↓ ↓

「左足が支える足だから~~」

が答えでした。

体操選手 平均台の着地の足を研究すると、16人中16人とも左足で着地するんだって!!

でも、なぜ左足が支える軸足になるの?

それが、おもしろいの!


お母さんのお腹の中で胎児だったときの左耳の位置が関係している!

妊娠後期の赤ちゃんの約3分の2は左耳が母親の背骨に向いているんですって。

耳には三半規管という平衡感覚をつかさどる器官があるでしょ?

背骨はよく動くから、母親が動くたびに振動が激しく左耳に伝わるんですって。それで、バランス感覚に優れるのが左なんだって!

(※右耳が背骨に向いていた赤ちゃんは右足が軸になることもあるそうです。)

 

体の平衡感覚一つをとっても、胎内の影響を受けているんですねぇ。
神秘的でしょ?

私が個人セッションで使っている、退行療法はまさにこれと同じ!

母親の胎内で、感じたことを潜在的に人間は記憶しているのよね。頭では覚えてないけどね。

母親の胎内にいたとき、母親の不安が伝わってきていて、生まれることに恐怖心があった子供なんかは、不安障害に悩まされたり、自分は生まれちゃいけなかったんじゃないか?という感覚が根底にこびりついて自己否定をしてしまったり、そういうことが本当にたくさんあります。


胎内の記憶を書き換えることで、今が変わるんですよ~。
その証明になりそうなチコちゃんでしたね✨

 

一般財団法人NLPミレニアムジャパン
一般財団法人日本フラワーレメディセンター代表理事
米国NLP協会認定NLPマスタートレーナー  

 白石 由利奈

私がニーナさんに出会ったのは、今から5年ほど前。
出会ったときから、目をきらきらさせていて、何かしっかりとした志を持った方だなと感じていました。

それから、ニーナさんは、まもなく、バッチフラワーやNLPのカウンセリングを始め、どんどん目を見張るような成果を出されるようになったのです。

そのようなニーナさんなので、NLPやバッチフラワーを活用している、神田の駅前にあるベスリ・クリニックの方でも、安心して患者さんのカウンセリングをお任せするようになり、すでに数年がたちます。

また、バッチフラワーの講師というお仕事でも、持ち前の明るさと、地に足のついた行動力から、受講生にとって、わかりやすく実践的な授業をされていて、好評を博しています。

そのように、多くの方達に導きや癒しを与え、人生の転換期に差しかかったり、壁を前にして途方に暮れていたりするような方達に、また、人生をより良くしたいという意欲がある方に、目の前が開かれ、幸せや自己肯定感が感じられるように、様々なメソッドを伝えています。

もし、ニーナ・カノンさんのプログラムやセッションを受ける機会があるなら、是非にとお勧めいたします。

お申込み、お問合せはコチラ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧