病気、ケガは何のためにある? – ニーナ*カノン Official Site

病気、ケガは何のためにある?

7歳の娘が教えてくれた神様からのメッセージ

ニーナのときどきひらめきメッセージ✨

なぜ、人は病気やケガをするのか?
その意味を考えたことはありますか?

7歳の娘に聞いてみました。
↓ ↓ ↓

娘「ママはどう思う?」

ニーナ「気付きを得るため。かな。」

娘「うん!そうだね!そう思う!

ケガをしたら、ケガしたところは使えないでしょ?

だから、ゆっくり休ませてって言ってるんだよ。」

 

娘にもそういう感覚はあるんだなぁ。さすが!

心と身体は本当に面白いほど繋がっています。

そして、これは単なる思い込みではなくて、事実そうです。と言い切れます。

なぜなら、自分が実体験をしたからです。

 

そういう知識が皆無だった私が、ヒーリングを学びに行っていたとき、自分の感情を臓器をイメージしながらクリーニングするというステップがありました。

「次は肝臓です。」と言われた瞬間、「あ、怒りだな。」と感じました。

するとやはり、先生は「たまった怒りを解消していきます。」と仰いました。

肝臓は怒りだと気づいたのです。知識がないのにです。

 

そして、ヒーリング習得後、自分でクリーニングをしていたときです。

肺がどんな感情と結びついているかを忘れていたのですが、肺をクリーニングしたとき、突然涙が溢れだしました。

なぜ、涙が出るのか意味が分かりませんでしたが、とにかく心の奥底、魂から感情が溢れている感じでした。

セルフクリーニングを終えたあと、肺が何だったのか調べたら「自己肯定感、自己存在価値」を意味する臓器でした。

そのとき、とてもしっくり腑に落ちたのを覚えています。

そのころの私は、「できる自分でなければ、存在価値がない。」と思って生きていたからです。

だから、パニック障害を10年も経験したんだな。と分かりました。

体から、ずっとサインが出ていたのです。

気付くことができて本当に感謝です✨気づきだけでなく、自分のことも、困っている方のことも解消する方法を習得できたことも、本当に感謝しています💛

あなたも、思い当たることがありませんか?

解消できるはずがないと思っていることが、解消することができる方法があったら知りたいと思いませんか?

 

【新時代キャンペーン】

限定33名!の方に特別に

ニーナのFBラジオ  無料お悩み相談

をプレゼントいたします!

初回放送日:2019年4月19日(金)夜10時~

毎月第3金曜日 夜10時~ 生放送!

↓ ↓ ↓

お申込みはコチラ

↓ ↓ ↓

bluemorpho66.master@gmail.com

◆◆◆◆◆◆ お申込みフォーム ◆◆◆◆◆◆◆

【氏名】

【ふりがな】

【生年月日】

【産まれた時間】分かれば

【相談したいこと】

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

お申込みフォームをコピーしてメールにてお申込みください。

 

※FBラジオって何?

フェイスブックLIVE機能を利用した無料動画配信のことです。
動画配信なのに、ラジオなのはなぜ?

ん~と、ニーナの都合で動画配信できないから(笑)っていうのと、
基本的に聞き流していただくために、動画にはしません。
かじりついて見るんじゃなくて、音だけ聞きながら他のこともできる。
という、そんな選択肢があってもいいのかな?と思ったからです。

 

 

 

 

一般財団法人NLPミレニアムジャパン
一般財団法人日本フラワーレメディセンター代表理事
米国NLP協会認定NLPマスタートレーナー  

 白石 由利奈

私がニーナさんに出会ったのは、今から5年ほど前。
出会ったときから、目をきらきらさせていて、何かしっかりとした志を持った方だなと感じていました。

それから、ニーナさんは、まもなく、バッチフラワーやNLPのカウンセリングを始め、どんどん目を見張るような成果を出されるようになったのです。

そのようなニーナさんなので、NLPやバッチフラワーを活用している、神田の駅前にあるベスリ・クリニックの方でも、安心して患者さんのカウンセリングをお任せするようになり、すでに数年がたちます。

また、バッチフラワーの講師というお仕事でも、持ち前の明るさと、地に足のついた行動力から、受講生にとって、わかりやすく実践的な授業をされていて、好評を博しています。

そのように、多くの方達に導きや癒しを与え、人生の転換期に差しかかったり、壁を前にして途方に暮れていたりするような方達に、また、人生をより良くしたいという意欲がある方に、目の前が開かれ、幸せや自己肯定感が感じられるように、様々なメソッドを伝えています。

もし、ニーナ・カノンさんのプログラムやセッションを受ける機会があるなら、是非にとお勧めいたします。

お申込み、お問合せはコチラ
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧