ニーナ*カノン Official Site

未分類

ニーナのときどきひらめきメッセージ✨です♪

朝から、ちょっと重めの話でごめんなさい。
でも、最後は希望を感じていただける内容ですので安心して最後まで読んでね💛

実はライブの数日前に、祖母が危篤だと連絡がありました。
認知症も進み、幻覚や、時空がぐちゃぐちゃになりつつある祖母でしたが、
孫である私と妹の名前は憶えていて、病床でいつも私たちのことを話しているということでした。

私はライブを控えていたので、妹が先に帰省し、祖母の様子を教えてくれました。
ライブが終わって自宅に着くと、妹から「もしかしたら、1週間2週間もつかわからないくらいの感じだった」と。

私は直感的に、「明日帰省しよう。おばあちゃんは私が来るのを待ってくれているのかもしれない。」
そう感じました。

風邪とライブとの疲れがどっと押し寄せていて、体調は悪かったのだけど、祖母に会いに行く!
と気合を入れなおして、翌日から3日間広島に帰省しました。
娘も「おおばぁばに、会いに行く!しゃべれなくてもいい、会えればいい!」と言ってくれたので二人で帰省しました。

祖母は、自分でご飯を食べることはできず、寝た切りで鼻に栄養を流し込むチューブが入っていました。
死期が迫っているな。と感じざるを得ない顔でした。
↓ ↓ ↓

祖母は、ぼんやりとした目で私を見つめました。「誰かわかる?」と聞くと私の名前を呼びました。
その日は、状態がよくなかったのか、「治療する人が来るけん、はよう(早く)帰りんさい。」としきりに言われたので、ほとんど会話をすることはできませんでした。

次の日も、その次の日も会いに行きました。

3日目の朝、東京に戻る日、祖母はひ孫である私の娘の顔を見て、初めて笑いました。「ピース!」と言ってミトンをつけられた手でピースを作ってひ孫に向かって笑っていました。(ミトンは点滴やチューブを抜かないようにするため)

祖母の中で、「ピース!」というのは、ひ孫との思い出なのです。
娘が3歳くらいのとき、「ピース!」と言っておおばぁばとお別れするのが流行っていました。その時の記憶が祖母の中に強く楽しい思い出として残っているようです。

その笑顔で初めて、生気が感じられました。もしかしたらもしかするかも?と感じました。

その日、東京に戻ると母からメールがありました。

祖母が、ゼリー状のものを食べることができた。・・・と。

奇跡が起きた!と思いました。

そして、今はリハビリで座ることができるようになったと報告が来ました。

この奇跡は娘のおかげだなと感じます。

あなたは、人の死に直面したとき、どう対峙しますか?
次回は死生観についてお話しますね。

一般財団法人NLPミレニアムジャパン
一般財団法人日本フラワーレメディセンター代表理事
米国NLP協会認定NLPマスタートレーナー  

 白石 由利奈

私がニーナさんに出会ったのは、今から5年ほど前。
出会ったときから、目をきらきらさせていて、何かしっかりとした志を持った方だなと感じていました。

それから、ニーナさんは、まもなく、バッチフラワーやNLPのカウンセリングを始め、どんどん目を見張るような成果を出されるようになったのです。

そのようなニーナさんなので、NLPやバッチフラワーを活用している、神田の駅前にあるベスリ・クリニックの方でも、安心して患者さんのカウンセリングをお任せするようになり、すでに数年がたちます。

また、バッチフラワーの講師というお仕事でも、持ち前の明るさと、地に足のついた行動力から、受講生にとって、わかりやすく実践的な授業をされていて、好評を博しています。

そのように、多くの方達に導きや癒しを与え、人生の転換期に差しかかったり、壁を前にして途方に暮れていたりするような方達に、また、人生をより良くしたいという意欲がある方に、目の前が開かれ、幸せや自己肯定感が感じられるように、様々なメソッドを伝えています。

もし、ニーナ・カノンさんのプログラムやセッションを受ける機会があるなら、是非にとお勧めいたします。

お申込み、お問合せはコチラ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧