【大我の心】なぜ、家族以外の人まで幸せにしたいの? – ニーナ*カノン Official Site

【大我の心】なぜ、家族以外の人まで幸せにしたいの?

ポジティブ・ファウンテン

ニーナのときどきひらめきメッセージです✨
先日、友達から言われた一言の答えを深く考察してみました💛

「なぜ、家族以外の人をそんなに幸せにしたいと思えるの?」
という質問に対して、そのときは、

「自分のためでもあるんだよね~。」と答えた。

私がカウンセリングした人がみるみる元気になって活き活きしていく姿を見ること、これは私にとっての報酬だからね。
それは自分が嬉しいからなんだよね。(嬉しいというのは立派な報酬ですから。)

でも、そういう報酬がい場合もまた幸せを感じるんです。
話相手として私を求めて来る方もいるからね。人間って単純じゃないんですよ。
「よくなりたい!」って言っていても、まだ変化する準備ができてない人もいる。
あるいは、寂しいから親身になってくれる人をを求めている人もいる。
結果だけが全てじゃないんですよね。

でも、もう一つ決定的な理由があることに気付いたの

↓ ↓ ↓

それは、、、、

 

家族が増えるから

家族って一緒に住んでるとか、血縁だからとかそんなの関係ないんだよね。
私が親身になれる人がたくさんいるということは、それだけ家族が増えるってことじゃん。
それってなんだか幸せじゃない?

いや、でもこれをみんなに押し付けたいわけじゃないんよ。
身近で小さなファミリーだけと深く繋がりたいという目的で生まれてくる人もいるから。
それも素晴らしいことなんだよ。
人と比べなくていいの。

私のミッション(生まれてきた目的)がここに幸福を感じさせるのね。

私は毎日お祈りの時間を設けています。
そのときにいつもイメージするのは、

私という光が家族を包む
  
そしてその光が更に周囲の人たちを包む
  
やがてその光は日本を包み
  
地球を包み
  
宇宙全体を包む
  
そして宇宙から地球に戻り
  
地球から日本に戻り
  
最後自分の魂の中に収まる

なぜ、こんなイメージが出てくるようになったか、というと私たちの起源にあります。

私たちは、みんなもともとひとつだからです。
私たちは人間という体を借りて、「自分」と「他人」などの区別をします。
でも、もともと私たちの魂が住む場所にはそんな私とかあなたという違いはないのです。
だから、私は全ての人は自分だと、家族だと思いたいんだな。

これは、大我(たいが)と呼ばれます。
自我の反対ですね。

一般財団法人NLPミレニアムジャパン
一般財団法人日本フラワーレメディセンター代表理事
米国NLP協会認定NLPマスタートレーナー  

 白石 由利奈

私がニーナさんに出会ったのは、今から5年ほど前。
出会ったときから、目をきらきらさせていて、何かしっかりとした志を持った方だなと感じていました。

それから、ニーナさんは、まもなく、バッチフラワーやNLPのカウンセリングを始め、どんどん目を見張るような成果を出されるようになったのです。

そのようなニーナさんなので、NLPやバッチフラワーを活用している、神田の駅前にあるベスリ・クリニックの方でも、安心して患者さんのカウンセリングをお任せするようになり、すでに数年がたちます。

また、バッチフラワーの講師というお仕事でも、持ち前の明るさと、地に足のついた行動力から、受講生にとって、わかりやすく実践的な授業をされていて、好評を博しています。

そのように、多くの方達に導きや癒しを与え、人生の転換期に差しかかったり、壁を前にして途方に暮れていたりするような方達に、また、人生をより良くしたいという意欲がある方に、目の前が開かれ、幸せや自己肯定感が感じられるように、様々なメソッドを伝えています。

もし、ニーナ・カノンさんのプログラムやセッションを受ける機会があるなら、是非にとお勧めいたします。

お申込み、お問合せはコチラ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧