【宇宙からのメッセージ】2019年を幸せに生きるコツ ~その3~ – ニーナ*カノン Official Site

【宇宙からのメッセージ】2019年を幸せに生きるコツ ~その3~

ポジティブ・ファウンテン

明日の自分に恋しよう
20代より10倍キラメク今を創る
幸せクリエイター ニーナ*カノンです💛

今日、仕事初めの方も多いですかね?
今日は、新しいスタートにふさわしいメッセージ💛
2019年を幸せに生きるコツ 4つのうちの3つめを詳しくお話しますね💛

【流行りものではなく、本物志向】とは
↓  ↓  ↓

流行りって本当に勢いよく流れ去っていきますよね。
私も自分で事業を始めてから2年になりますが、マーケティングの世界の常識も半年~1年で同じやり方は使えないと言われます。
独立初年度は最新のマーケティングを勉強しにあちこちにいきました。

そして、、、疲れました(笑)
楽しい人はいいと思うんです。追いかけ続ければ。
でも、私は疲れたの。
そして、、そんな最新と言われるマーケティングを使ってもうまくいかなかったのね。
ってことは、結局正解は自分で探すしかないってことなの。

そしてね、流行り廃る。

それってどういうことか、メッセージが来たわけ。

廃るってことは本物じゃないってこと。

いつの時代にも通用する本質的なこと。それが2019年からの思考。

洋服もそうなのよね。
私も以前は流行りものを毎年買っていました。
でも、独立するとき、「流行りものってバカらしい」と思うようになった。

そもそも、流行りの洋服、流行りの色。それって流行りを仕掛けている人たちが勝手に決めたもの。

「なんで、誰かが勝手に決めた色や洋服を乗せられて買わなきゃならんのじゃ~~!!」

って思ったわけです。

色なんてインターカラー(国際流行色委員会)が決めてるんだよ??
商売のために誰かが決めた色じゃなくて、自分が好きな色着ればいいじゃん!

自分が好きな服、自分が好きな色、それが本質だと思うの。
何十年経っても着られるもの。それが、本物だと思う。

誰かに媚びた服じゃなく、誰かの視線を気にした服じゃなく、自分が自分らしく輝ける服。

私は、それが着物だって思ったから着てるのね。
着物は何十年経っても着られる。もちろん、着物業界にも流行り廃りの柄とかあるけど、私はそんなものには踊らされない。
母から受け継いだ着物、祖母から受け継いだ着物を大事に着ている。

センスを磨けば、古いものもかわいくおしゃれに着られる。
着方を工夫したり、洋服と組み合わせたりね💛

洋服や、マーケティングだけじゃなくて、全てに於いてそうなんだよ~。
最先端が悪いわけじゃない。最先端なものでこれからも愛され続けるものはたくさんある。
でも、「流行り」とは一過性のもの。本物じゃない。

それを、見極める力が必要なの✨
あなたもその感性をぜひ、磨いてほしい✨

新しい時代に流されてしまわないように。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧