【シャスタからの手紙】千年の時を超えて~藤原道長からあなたへ~ – ニーナ*カノン Official Site

【シャスタからの手紙】千年の時を超えて~藤原道長からあなたへ~

未分類

昨日は何の日だかご存知ですか?

藤原道長がある歌を詠んでからちょうど昨日で千年だったそうです。

その歌は、千年の時を超えて、現代人への痛切なメッセージが詠われていました。

その歌とは・・・・

「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の かけたることもなしと思へば」

この歌の解釈は他にもあるが、私たちの受け取ったメッセージとしてお伝えする解釈ではこうなります。

「この世は 満月のように充たされた  私だけの世界と思えばそう見える、欠けたところなどどこにもないと思えばそう見えるのだ」

藤原道長は実際に天下を取り世の中を思い通りに動かせたことから、この歌を詠んだと言われている。
が、現代へのメッセージとしては上記の解釈になる。

どちらで感じるかはあなた次第。それこそがあなたの宇宙なのだから。
あなたがどんな宇宙を望むかで、見え方は180℃変わるのです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧