【もののけ姫】世界を変える人 – ニーナ*カノン Official Site

今日は、なんだか「もののけ姫」を観たいなぁ。

と思ったら、帰宅したらTVで「もののけ姫」が放送されていた。(10月26日記載)

何度見ても新たな気付きをくれるジブリの映画は本当に世界を変える作品で溢れていますよね。

もののけ姫のことは以前にもブログで何度か触れてきました。

今回は、これまでとは違った角度から世界を変える人を紹介します。

「もののけ姫」の中では一見悪者に見えるエボシ。

エボシは自然を破壊し、神を信じない身勝手な人間の象徴ですよね。

でも、病で差別され迫害された人々を自分の家で仕事を与え、看病までしている。
売られた女性たちを全て面倒見て、居場所と仕事を与えています。
女性たちの笑顔が絶えないのは、エボシがただの悪人でないことを表していますね。

そんなエボシは、ラストは改心しますよね。
そして、自然と共存できる村を再生しようと声を上げます。

これは、今の社会でも言えることだと思うのです。
今は、自然を破壊して物質主義のリーダーであっても、気付かせることさえできればエボシのように、最後には素晴らしい真のリーダーとなるのだろうと。

私は、一見悪人に見えるリーダーたちも、その資質があるということを信じています。

私も一歩ずつ、自然を敬い、愛に溢れる世の中のために小さな歩みを進めていきます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧